• ホーム
  • ニキビを治す時に意識したいニキビ治療薬の種類と上手に選ぶ方法

ニキビを治す時に意識したいニキビ治療薬の種類と上手に選ぶ方法

2020年05月22日
肌を気にする女性

病院で処方されるニキビ治療薬には種類がありますが、それぞれ目的があり上手に選ぶことが大切です。ニキビといっても様々な種類のものがあり、炎症前や炎症後ではつける薬も変わってくるので注意が必要になります。ニキビ治療薬の他にも抗生物質が処方されることもありますが、ニキビの症状に合わせてニキビ治療薬を使います。ベピオゲルは抗菌作用や毛穴のつまりを改善するニキビ治療薬で、効き目は高いですが、稀にかぶれを引き起こすことがあります。この治療薬が効果を発揮する種類は炎症を起こして赤くなっているものや、炎症をまだ起こしていない白や黒のものです。

ディフェリンは発売されてから10年以上も使われている、ニキビ治療薬ですが現在はジェネリック医薬品もあり安く入手できます。ビタミンA誘導体なので、角質を薄くし硬くなったニキビ肌を柔らかくする作用がありますが、使いはじめだけ刺激があることもあります。デュアックはクリンダマイシンと、過酸化ベンゾイルを混ぜた薬で厚くなった角質をはがしながら、毛穴に詰まった角栓を取り除きます。増殖しているアクネ菌を少なくし、ニキビによる炎症が起こるのを防ぐので、治りをはやくします。エピデュオゲルはアダバレンと過酸化ベンゾイルを混ぜた治療薬で、過酸化ベンゾイルは毛穴つまりを改善させます。

ニキビの原因菌であるアクネ菌や雑菌などの増殖を抑えるので、肌を清潔な状態に保つことができます。さらにアダバレンはニキビの原因である、毛穴つまりを防ぐことができコメドができるのを抑えます。昔よりもニキビの治療方法は進歩しており、昔は放置するしかなかった白ニキビの治療ができる時代になっています。今まではしっかり顔を洗って、イオウが入っている外用薬をつける治療法が一般的でした。しかしこれらの治療法はニキビのできた部分の脂を取り除く効果があり、毛穴に詰まった脂は取り除くことができませんでした。

その次にケミカルピーリングが白ニキビに効果的とされましたが、くすみや小じわ解消の作用があります。弱い酸を皮膚へ塗ることで角質を溶かしながら、毛穴の油を排出させていくという方法です。しかし効果を持続させるためにはケミカルピーリングを続けることが必要で、治療費が高いので簡単に取り入れることができません。そして現在ある画期的な治療薬は、ディフェリンゲルでイオウ外用薬や、ケミカルピーリングよりも効果が高いことで知られています。