• ホーム
  • ヒルドイドで得られる保湿の効果と持続性はどの程度あるのか

ヒルドイドで得られる保湿の効果と持続性はどの程度あるのか

2020年05月15日
スキンケアをしている女性

医薬品の保湿剤にはヒルドイドがありますが、ヘバリン類似物質が配合されていて高い保湿効果があります。ヘバリン類似物質には吸湿しながら、角質層へ水分を与える作用があり、持続的な保湿効果があるところが特徴です。ヒルドイドは皮膚科で処方される保湿剤の中でも代表的なものですが、様々な種類があり化粧水やクリーム・軟膏タイプが揃っています。本来はアトピー性皮膚炎の人や、皮膚のバリア機能や保湿因子が低下している肌へ処方されている医薬品です。ヒルドイドをつけることで皮膚のバリア機能が復活するため、水分を保持することができます。

このことから保湿効果とその持続性は満足のいくもので、アトピー性皮膚炎の人でもリピーターが多いくらいです。角質層の中の水分含有量が低下し、特徴的なドライスキンになるのがアトピー性皮膚炎の特徴になります。非特異的刺激によって皮膚が痒くなりやすく、バリア機能が低下しているためアレルゲンの進入が簡単になるため、炎症も起こしやすくなります。ヒルドイドはバリア機能が弱まっている状態を改善し、水分を保持する力を高めます。

ヒルドイドの使い方として生まれてからすぐ、保湿のためのスキンケアを行うことは極度の乾燥肌やアトピー性皮膚炎のリスクを下げます。低下している表皮へ潤いを帯びなうため、親水性軟膏や吸水性軟膏を塗布することもあります。これはヘバリン類似物質ですが、傷害されている皮膚のバリア機能を補強したり補充します。ヒルドイドには血液をサラサラにする働きがある、ヘバリン類似物質が含まれていて、ヘバリン類似物質含有製剤とも呼ばれています。

これは水分を吸湿しつつ角質へ水分を付与しますし、持続的な保湿効果があるので、乾燥肌につけることで肌トラブルを防ぎます。研究結果でも認められている成分で、潤いの持続性は高いですが、塗った感触はさらっとした使い心地です。また血行促進効果があり血液の凝固を抑える働きがあるため、傷跡の治療促進や炎症を沈める作用が期待できます。

血行不良になったことが原因で痛みは発生している場合は、ヒルドイドを用いることで改善効果を発揮します。組織同士の癒着を抑える作用があり、傷跡が残ったりさらに目立つような治り方を防ぐことができます。ヒルドイドを用いれば高い保湿効果を得ることができますし、さらにその持続性も特徴の一つです。乾燥がきになる冬は特に普段のスキンケアアイテムに、ヒルドイドをプラスすることができます。